*

お金持ちが大切にする【レストラン・マナー】~その①~

お金持ちが大切にする【レストラン・マナー】~その①~

おはようございます♪
「ご縁で人生は180゜好転する」がモットー!
長福寿寺の今井 優慈(長優)です。

さて、前回のブログで、お金持ちと呼ばれる経営者の方々がなぜ【レストラン・マナー】を大事にするのか。
また、心豊かなお金持ちを目指すあなたにも身につけてほしい理由を書きました。

忘れてしまった方のためにも、簡単におさらいです(^^♪

いわゆるお金持ちと呼ばれる方には、それなりの風格・振舞いが身についています。
(サービス側から見ても、一瞬で分かってしまうほど…)
私たちもこれを「マネする」ことで、まずは「形・外見」から金運アップへの道を開きましょう。
逆に、これを身につけずに金運アップしてしまうと上辺だけのお金持ちになってしまい、絶対に長持ちしません(汗)

…といった結構恐ろしい内容でしたね(笑)
でも、これから私がお伝えするいくつかののマナーを守っていればもう大丈夫♪

では、早速最初の一点目…
それは、【名前で呼ぶ】こと!
フロント係の人、サービスしてくれる人…などなど。

あなたは名前(苗字でOK!)で呼べていますか?
案外、出来ていないのでは…?(汗)

先日、レストランを訪れたある大企業の社長は、私たちサービススタッフ全員の名前を憶えて、終始名前で呼んでくれたんです。
これには、目玉が飛び出てしまうほどびっくりさせられました…。
だって、みなさんもよく知る大企業のトップの方ですよ!?(社名は秘密ですが…)


一般的に、レストランのサービス・スタッフはお客様に満足していただくために存在しています。
そのため、「サービスしてもらって当たり前」と思われている方が少なくありません…。
残念なことに、サービススタッフをただのサービスマシーンと勘違いしている方も数多くいます。

しかし、その大企業の社長は、私たち目下の人間を名前で呼び、対等に接していただきました。

「さすが、お金持ち…」と、私を含めその場にいた全員が思ったハズです。

目下の人間と対等に接しようとするこの姿勢が、4万人もの社員を惹きつける魅力なんでしょう。

 

あなたもぜひ、大企業の社長の振舞いをマネして、【名前で呼ぶ】努力をしてみて下さい♪
では、次回更新日(12/15)にまたお会いしましょう!

【オススメ記事】
・12月8日は己巳の日&大明日[大当たり祈願祭]

・必見!お金に愛されるために、とっても大事な5つの心得とは・・・

・[年末ジャンボ宝くじ]を大当たりさせる3つの秘訣 ~まとめ~

金運増大、宝くじ当選、商売繁盛、金運アップ特設ページへ
The following two tabs change content below.
今井優慈
長福寿寺・良縁引き寄せリサーチ隊の今井 優慈(長優)です。 素晴らしい『良縁』によって人生を救われた元不良少年…(笑) 現在は二児のパパをしながら大学へ行ってます。 「ご縁を大切にする人は、人にもお金にも愛される」をモットーに日々勉強中です♪

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
金運増大、宝くじ当選、商売繁盛、臨時収入、金運アップ特設ページはこちら
金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい-
金運アップの最重要な秘訣-金運アップは元氣に生きる源
吉ゾウくんのお守り授与

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
どんな願いも叶えてくれる吉ゾウくんのお寺長福寿寺
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
明日は「大安吉日」 金運アップに利益絶大の日です

明日は「大安」 金運アップ・宝くじ当選に利益絶大です 明日は

今日(12/17)は金運を呼び込む、寅の日だゾウ!

今日(12/17)は金運を呼び込む、寅の日だゾウ! ※寅の日とは

2018年!開運招福イベント~東光寺編~

  2018年!開運招福イベント~東光寺編~ 皆さん

明日は《大明日&友引》 ハッピーな1日になるゾウ♫

明日(12月16日)は《大明日&友引》 ハッピーな1日になるゾウ♫

400年の歴史を誇る[長福寿寺の人形供養]

400年の歴史を誇る[長福寿寺の人形供養] お元氣さまでございます。