*

仕事を辞めたい人も、楽しく働ける5つの方法~その3~

business_group_shock

仕事を辞めたい人も、楽しく働ける5つの方法~その3~

みなさん、こんにちは!
「自信が出れば、金運が上がる」
自信アップアドバイザーの松本です。

みなさんは今日も、楽しくお仕事に向かえていますか?
早速ですが「仕事を辞めたい人も、楽しく働ける5つの方法」その3についてお話します。

その3、辛いときは明るく愚痴ろう

「金運アップの基本は楽しく仕事です」と散々言っておりますが…
仕事がいつも楽しくてハッピーなら嬉しいですよね。
でも、嫌なことだってときには起こりますし、それが続くとついつい「愚痴」が出てしまうものです。

もちろん、「愚痴」は「マイナスなことを引き起こす言葉」なので、言わないのが一番です。
でも、愚痴を言わずに、自分の中でモヤモヤしていると、それがどんどんストレスになります。
結果、体調を崩したり、仕事が嫌になって、辞めたい気持ちが膨らんでしてしまうので、要注意です!

そうならないためにどうしたらいいのか…

 モヤモヤした気持ちが溜まったときのオススメは
  「明るく愚痴を言うこと」です!

「え?何それ」と思った人も多いことと思います。
言葉の通り、愚痴を明るい口調で言うだけ(笑)
たったこれだけですが、なかなか効くのです!

 「明るく愚痴を言う」ポイントは2つ
  ①なるべく明るい口調と笑顔で愚痴を言う
  ②愚痴の後にプラスな言葉を言う

 

 例えば、今日は何度もみんなの前で、怖ーい鬼上司に注意されたとします。
家に帰って、旦那さんに「愚痴、言ってもいいかな?」って聞いてみます。
(事前に許可をとった方が、相手がちゃんと聞いてくれます)

OKが出たら「今日ね…」って、なるべく明るい口調で愚痴を言います。
そうして愚痴を聞いてもらったら、最後は「でも、ダメなところが分かって良かった!明日は頑張るね。聞いてくれてありがとう!」って、プラスの言葉で閉める。 

こうすると、愚痴を言えてスッキリしますし、愚痴を聞いてくれた相手も嫌な氣分にならずに済みます。
どうしても愚痴を言いたいくらいモヤモヤしたら、「明るく愚痴を言う」実践してみてください。

 金運アップのために、明るく愚痴の最後にプラス発言。

必ずプラス発言が現実に起こって、金運アップを運んでくれますよ!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!(次回の更新は5/30です)

【関連記事】

仕事を辞めたい人も、楽しく働ける5つの方法~その1~

仕事を辞めたい人も、楽しく働ける5つの方法~その2~

金運増大、宝くじ当選、商売繁盛、金運アップ特設ページへ
The following two tabs change content below.
松本智子
長福寿寺で働く、自信アップアドバイザー兼パワーストーンアドバイザーの松本です。職ナシ、貯金ナシ、彼氏ナシ…になった残念な過去をもつ、元干物女。人生最大の転機は「吉ゾウくん」と出会えたこと!現在は毎日楽しくハッピーに過ごす、1児の母です。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
金運増大、宝くじ当選、商売繁盛、臨時収入、金運アップ特設ページはこちら
金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい-
金運アップの最重要な秘訣-金運アップは元氣に生きる源
吉ゾウくんのお守り授与

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
どんな願いも叶えてくれる吉ゾウくんのお寺長福寿寺
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
明日は目治薬師に間近で合える【最後の日】です。

明日(11月19日)は、目治薬師に間近で合える【最後の日】

2018年!開運招福イベント~報恩寺編②~

  2018年!開運招福イベント~報恩寺編②~ 皆さ

年末ジャンボの当選確率を高める!やっておくべき【3つのこと】

年末ジャンボの当選確率を高める!やっておくべき【3つのこと】 お

11月19日(日)は最高の金運増大日だゾウ!

11月19日(日)は一粒万倍&大安&天恩日 最高の金運増大日だゾウ!

金運アップにはスタイルアップが欠かせない?〜その2〜

金運アップにはスタイルアップが欠かせない?〜その2〜 こんにちは