自粛ムードは禁物 行くことが《本当の支援》です

吉ゾウくんのご利益お守り

自粛ムードは禁物 行くことが《本当の支援》です

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

千葉県に大災害をもたらした台風15号から2週間余り…

現在でも停電・断水など、不自由な生活を強いられている方が大勢いらっしゃいます。

心よりお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

私の友人が南房総市にいるのですが、本堂に大木が倒れてきて、屋根が半壊してしまいました。

また、山武市の友人の寺では、墓地に巨木が何本も倒れ、墓石がなぎ倒されてしまいました。

本当に甚大な被害でした。

でも、自粛はやめて!

おかげ様で、長福寿寺にはほとんど被害がありませんでした。

でも、周辺地域は甚大被害です。

長福寿寺のスタッフの自宅も停電が何日も続きました。

私自身、復旧作業のお手伝いに出かけています。

長福寿寺から500㍍しか離れていないセブンイレブンでは、3日間の停電のため、食材をすべて破棄することになりました。大きな損失です。

だからこそ、お願いがあります。

《自粛ムード》は止めて下さい。

人が集まることで、お金を落とし、勇気を差し上げ、本当の復興が成し遂げられるのです。

特に、館山や南房総には足を運んで、お金を落としてあげて下さい。

現地の方に元気な声を掛けて、パワーを差し上げて下さい。(もちろん、寄り添った心で)

間もなく紅葉シーズンですが、今期は養老渓谷に出向いて紅葉狩りをして下さい。

皆さまが行かなくなることで、経済が停滞し、人の心が落ち込み、さらに被災地の人たちを苦しめることになるのです。

千葉市の熊谷市長が

「自粛しても意味がありません。心を寄せて頂いたうえで、自粛はご遠慮下さい。」

と発言して、いろいろと批判を受けたようですが、私は熊谷市長と同意見です。

ボランティア活動で行くにしろ、観光で行くにしろ、

行ってあげることが、本当の支援になるのです。

私も、東日本大震災の時には、支援物資を持って現地に出向き、ボランティア活動を行い、かつ、しっかりと消費をしてきました。

ぜひ、皆さまのお時間を見つけて被災地に足を運んであげて下さい。

住職からのお願いです。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket