行動しなければ《金運》はアップしない!! №1

行動しなければ《金運》はアップしない!! №1

6 - コピー

寝ている間も金運アップ

お元氣さまでございます。長福寿寺の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。
今日からは、[金運をアップさせる4つの教え]の第4番目の[誓願(せいがん)、その中での「行動すること-精進-」についてをお話します。

この精進はすべての根幹であり、最重要な教えです。
「行動しなければ何も変わらない」…これは絶対の真理なのです。

あなたが、どんなに素晴らしい《金運アップ・幸運アップの秘訣》を聴いたとしても、それを行動に移さなければ何もなりません。絵に描いた餅です。

素晴らしい教えを《行動に移す》からこそ、あなたの霊性(魂レベル)が高まり、金運幸運最大限にアップさせることができるのです。
ですから、

 ・他人を批判するだけで、自分は何も行動しない人
 ・理屈だけは立派だが、実行に移さない人
 ・出来ない理由ばかり並べ、失敗を恐れて、一歩も前に踏み出さない人

こういった人が幸せになることは…ありません。残念ながら…。

幸せを得るためには、自ら考え、自ら行動に移すことが、とても重要なのです。
生活の中で実践することが不可欠なのです。

天台宗の高祖である天台大師も、『法華玄義』という書物の中で「智目行足」「智の目と、行の足とをもって清涼(しょうりょう)の池に到る」と説いています。

つまり、仏道修行は「学ぶこと」「行動すること」、この両方が大切だと説いているのです。

天台大師の時代にも、勉強ばかりして修行をしないお坊さんや、逆に勉強をせずにお経を読んでばかりいる、坐禅ばかりしているお坊さんが多くいました。

天台大師は、勉強ばかりして修行をしないお坊さんを「文字の法師(もんじのほっし)、経典を読まないお坊さんを「暗証の禅師(あんしょうのぜんじ)と名づけ、両方ともに厳しく批判したのです。

それが、先ほど紹介した「智目行足」という言葉であらわされているのです。

この「行動しなければ何も変わらない」ということについて、今回は3つのお話をさせていただきます。

ぜひ、引き続きご覧いただき、あなたの「行動力=精進力」を高め、金運アップ・幸運アップを実現させて下さい。

では、また明日お目に掛かりましょう。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

●金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい- 

●金運アップの最重要な秘訣-金運アップは元氣に生きる源

■[ご縁ある方々を明るく元氣にするお寺 長福寿寺のHP]

IMG_8157

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket