お金がみるみる貯まる「金運財布」の作り方 【カドカワストア】

お元氣さまでございます。

金運アップ&日本一宝くじが当たる長福寿寺 第56世住職 今井長秀(ちょうしゅう)です。

今日は、

KADOKAWAさんから販売されている私の【講演動画】

日本一の開運寺住職のご祈願つき!
お金がみるみる貯まる「金運財布」の作り方

を再度ご紹介させていただきます。

何といっても今は

金運アップの「実り財布」の絶好の時期!

今を逃して金運財布は作れません…ちょっと言いすぎですね(笑)

この動画の中では、コロナ不況の中でも、確実に金運を上げる『金運財布の作り方』を、

わかりやすく、おもしろく書き上げています。

必ず金運が上がります!

ぜひ、お求めください。

 

【動画配信】お金がみるみる貯まる「金運財布」の作り方 

お金に好かれる人・好かれない人の差は、「財布」にあった!

そのご利益が多くのメディアで取り上げられ、年間参拝者数が60倍になった大注目のお寺・長福寿寺。

「年収1000万円に到達!」
「ロレックスの時計を買えた!」
「契約が取れてボーナス500万円!」
「夢のハワイ移住を実現!」

こうしたご利益でお礼参りに訪れる人の多くに共通するのが、財布との向き合い方だったのです。

その秘法を「日本一の開運寺」住職が特別公開します。

・ゴールドの長財布がやっぱり最強
・財布は毎晩「祈り処」で休ませる
・お金さまを呼ぶ「タネ銭」を入れておく

など、財布に関するノウハウはもちろん、お金が勝手にたまる習慣(使い方や稼ぎ方)まで、一生モノの教えが詰まった講座です。

さらに特典として、今井住職による「金運爆上げのご祈願」も収録!
いまこそ金運財布の秘法で、コロナ禍を乗り越えましょう。

【プロフィール】今井 長秀(いまい・ちょうしゅう)

西暦798年に桓武天皇の勅願で創建された長福寿寺の第56世住職。

1968年、千葉県生まれ。大正大学仏教学研究科修士・博士課程で仏教を学ぶ。

経営コンサルティングの日本経営合理化協会で10年間活躍し、経営の神様・牟田學氏より直接指導を受ける。

また、累計納税額日本一の実業家・斎藤一人氏からも薫陶を受ける。

2011年に「金運アップの吉ゾウくん」を復活させ、参拝者数が60倍に増加。

年間20万人が訪れる大人気寺院に育てる。

参拝者から宝くじの高額当せんや年収倍増、臨時収入の声が続出し、テレビや雑誌など多くのメディアでも紹介されている。

理念は「ご縁ある皆さまを明るく元氣にする《仏教のテーマパーク》を築くこと」。

授与品を依頼する

本『日本一の開運寺住職が教える『金運財布の作り方』

 ●詳しくはコチラをクリックしてください

金運増大財布(男性用)は下記よりお申込みください。

●詳しくはコチラをクリックしてください

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket