1番人気! 金運アップのご利益絶大! お金持ちになる! 百億円守り

1番人気! 金運アップのご利益絶大! お金持ちになる! 百億円守り

吉ゾウくんのご利益お守り

お元氣さまでございます。

日本一の金運寺・日本一宝くじが当たる吉ゾウくんの長福寿寺 第56世住職 今井長秀です。

今日は

1番人気!
金運アップのご利益絶大!
お金持ちになるパワー絶大!

【百億円守り】

をご紹介します。

「百億円守り」を財布に入れて、吉ゾウくんにお祈りすれば、

「お金がドンドンなだれ込む金運財布」に大変身します!

最強の【お金持ち財布】を作る特別なお守りです。

お金持ちは、いつも財布に30万円以上入れている

 

「お金持ち」は、いつも財布の中に「30万円以上」入れています。

それは、「お金がお金を呼び、さらにお金持ちになれること」を知っているからです。

あなたも「30万円以上入っているのが当たり前!」となるためには「百億円守り」が必要です。

お金持ちになるコツ=お金を呼ぶタネ銭を、ピン札で入れておく

実は、お金の神さまを味方につけ、ドンドンと集まっていただくためには、コツがあります。

それは、

「お金を呼ぶタネ銭を、ピン札で入れておく」

ことです。

お金さまは、実はさみしがりやです。

せっかく高価な財布を購入しても、中身がいつも数千円では、お金さまが寄りつきません。

自分の仲間がいると、お金さまは安心して近寄ってきてくれるのです。

そのために、財布の中にはいつも

「最低3万円を入れておく」
「その中の1枚をピン札にする」

これがお金持ちになる条件です。

紙幣には、これまで手にした人たちの、さまざまな思いやエネルギーがベタベタと付着しています。

そのため、まだ誰も使っていない新札こそ、お金の神さまを味方につけるパワーが最強なのです。

また「3万円」は、ほかのお金の神さまに集まってきていただくための、いわば「目印」のようなものです。

本来ならば「30万円」と言いたいところですが、30万円は無理という方が多いので、まずは「3万円」から始めましょう。

そして、少しずつ枚数を増やしていくと、最終的には「お金持ち」である「30万円」に財布の中身が近づいていくのです。

でも…3万円も辛い…という方のために。

でも、やはり

「3万円を入れ続けるのは辛い…」
「こずかいが3万円しかないので…」

という方もいらっしゃいます。

先日も、愛知県にお住いのK.S様よりお手紙を頂戴しました。

そこには

「本日、「百億円守り」が届きました。ありがとうございます。吉ゾウくんに心から感謝いたします。

地元の本屋さんでご住職の本

「日本一の開運寺住職が教える《金運財布の作り方》」

を購入したのが、今年の2月のことです。

本を読み、感動しました。

本に書いてある通りにトイレ掃除、玄関掃除、キッチン掃除を今でも続けています。

ただ1つ困ったことは

「お金持ちはいつも財布に30万円を入れている」

「最低でも3万円を入れていないとお金持ちになれない」

との内容です。

今の私にとって、毎日3万円を財布に入れ続けるのは…辛い…無理です。

そんな時に

【百億円守り】

の案内が届きました。

そこには

「この【百億円守り】を財布に入れれば、100億円入れているのと同じご利益がいただけます。」

と書かれていました。

本当に嬉しかったです。

早速、授与させていただき、すぐに財布に入れました。

これで

『お金持ち財布』『金運財布』の完成です!

本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

(愛知県 K.S様)

このようなお礼の言葉がつづられていました。

百億円守で 「お金がドンドンなだれ込む金運財布」に大変身! 

【百億円守り】は、このように「3万円を入れ続けるのは辛い…」という方のために特別に祈願したお守りです。

つまり、「お金がドンドンなだれ込む金運財布」に大変身します!

■百億円守り 奉納金 1個 3.000円 

授与品を依頼する

 

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket