あなただけの光を輝かせよう!!

福寿阿弥陀如来の教え-【あなただけの光を輝かせよう!!】

吉ゾウくんのご利益お守り

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

今日のブログでは、福寿阿弥陀如来の大御縁日に合わせ、福寿阿弥陀如来の教えをお伝えさせていただきます。

これまでにも、何度がお伝えしましたので、すでにご覧になったことのある方もいるでしょう。

でも、年に一度は

あらためて福寿阿弥陀如来の教えを心に刻みつける

ことが大切です。

ぜひ、お読みいただき、実践して下さい。

福寿阿弥陀如来の教え

あなただけの光を輝かせよう!!

お寺へ人生相談に来られる方の大半が、自分に自信を失っています。

そして、そのほとんどは

他人の優れている部分と、自分の劣っている部分を見比べている

ようです。

先日も二十代の若さで、「私、何をやってもダメ人間なんです」と相談に来た方がいました。

でも…お話をしていると、その方が持っている輝く宝石(心の中の仏さま)が大変良く観えました…私には…。

自分の良いところを見ずに、どうして他人と比較してしまうのでしょうか。

お釈迦様はこのように説いています。

「池の中では、蓮(はす)の花が車輪のように大きな花びらを咲かせ、青い花は青い光を、黄色い花は黄色い光を、赤い花は赤い光を、白い花は白い光を輝いています。

その輝きは素晴らしく清浄です。

この様な「心もち」と「生き方」をすれば、必ず楽しく心豊かに過ごすことができるのです」…と。

ここで喩えている「青い花は青い光を…」とは何を伝えたいのでしょうか。

この教えは

【あなたの特長をよく見極め、あなたらしく生きなさい。】

ということなのです。

青い花は青い光を輝かせ、白い花は白い光で輝くのです。

決して青い花が白く光ろうとしているわけでもありませんし、他人を羨ましがったり、妬んだりすることもありません。

自分自身が持っている光を輝かせることが大切なのです。

でも、人間とは弱き生き物なので、自分自身の光を輝かせることよりも、世間の噂他人の目を気にして振れ回されたり、また、他人と比較することによって、自分自身の本当の良さを見失っていることが実に多いものです。

それぞれの人が、

自分が持っている光を見つけて、最大限に輝かせること。

そして、

その素晴らしい力を、みんなの為に活かすこと。

それが、心豊かに、楽しく生きるための秘訣なのです。

どうか、「あなただけの光」を見つめて下さい。

そして輝かせて下さい。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket