今日(11月6日)は『寅の日』 自分から始めて金運アップ‼

今日(11月6日)は『寅の日』 「自分から始めて金運アップ‼」の日

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

今日(11月6日)は

『寅の日』です。

また、中国最大の歴史書『史記』を記した

司馬遷(しばせん)

のご命日でもあります。

寅の日(とらのひ) 金運を呼び込むラッキーDAY

寅の日(とらのひ)とは、

十二支の寅にあたる日で、12日ごとに巡ります。

特に、

金運アップ・宝くじ当選にご利益絶大の日

と言われます。

理由は、黄色に、しま模様のトラ模様が「金運の象徴」とされているからです。

金運アップ祈願・宝くじ当選祈願にピッタリの日ですね!(^-^)

もちろん、吉ゾウくんに逢いに来てくだされば、ご利益絶大です!

「まず、自分から始める」ことが金運をアップさせる秘訣

今日は、『史記』を記した司馬遷(しばせん)のご命日

私は、歴史が大好きなので、司馬遷の『史記』は何度も読みました。

本当に素晴らしい歴史書です。

さて、その司馬遷の名言に、

『先(ま)ず、隗より始めよ。』

という言葉があります。

意味は、

『物事を始めるのなら、まず自分から始めなければ、成功しない。』

です。

「他人がやるのを待ってからやる」

そんな考えでは、決して成功を手にすることはできません。

もちろん金運もアップしません。

日本人は、何事も控えめ、消極的を「美」とする傾向がありますが、これは江戸時代に作られた[悪い癖]です。

ぜひ、何事に対しても、積極的に取り組む。

自分からチャレンジする。

このような姿勢を忘れないで下さい。

積極的にチャレンジする人にこそ、金運の神様は微笑むものです。

今日1日を

『まず、自分から始める』

ことを心がけて下さい。

必ずや、大きな、大きな御利益をいただくことができるでしょう。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket