四國遍路で教えていただいたこと

四國遍路で教えていただいたこと

四国遍路

お元氣さまでございます。長福寿寺 第56世住職の今井長秀です。
今回、[金運をアップさせる4つの教え]の第3番目の[意(心はこび)]、その2である[忍(にん)・認(ニン)・稔(Nin)]-特に-について、私の体験をお話をさせていただきます。

十数年前に、四國遍路に行った時のことです。
長福寿寺は天台宗ですので、特に四國遍路を行う必要はありません。
でも、師匠から四國遍路での学びの大きさを聞かされていましたので、ぜひ行ってみたいと考えておりました。
そして、どうにか寺の仕事が一段落した2月下旬に行くことができるようになったのです。

出発前に師匠から言われたことは

満月パワークリスタル

出逢う人すべてが仏様なんだぞ。

ということでした。

その言葉…最初は意味がかわりませんでしたが、1週間、2週間と独りで歩いていると…気がついたんです。。

遍(あまねし)とは…

遍路の「遍」…実は「あまねし」と読むんですね。
つまり、「あまねき路(みち)」

一人一人の生き方や考え方にも遍(あまね)き路があるんだ。

ということです。
お四國の路を一人で歩いていると、いろんなことに気づかせていただけます。
その1つが

一人一人の生き方や考え方には遍き路があり、それをそのまま認める。

ということなんです。

大同小異(だいどうしょうい)

たとえば、大同小異(だいどうしょうい)という言葉があります。
日本人が読むと

小さな異(ちが)いを捨てて、大きく同ずる。

となってしまうことが多いのです。
つまり、日本人は他人と何かする時に、小さな異(ちが)いまでをも一緒になろうとする。
だからどうしても「事なかれ主義」「他人の顔色を見る」「異なる考え方を排除する」という現象が生まれます。

しかし、本来の仏教的解釈によれば、

小さな異(ちが)いを認めて、大きく同ずる。

と読みます。
つまり、《一人一人が異っていることを、異なりは異なりのまま、そのまま認め、大きな方向性を同じくして協力していく》ことの大切さを教えているのです。

お互いの長所を活かしあいながらの「和」と、べったりと何もかも同じにならないといけない「和」とでは大きく違うように思われます。

自分と他人とでは、顔が異(ちが)うように、考え方も性格も、そして長所も異(ちが)います。

だからこそ、【お互いの異(ちが)い・長所を認め合う】ことが、遍くすべての人々が幸せになる秘訣であり、それが《出会う人すべてが仏様》の真意だったのです。
四國遍路の修行でそのように感じました。

また、この心はこびが出来るようになってから、私の人生も今まで以上に開運したことは間違いありません。

皆さまにも、この「《認》の心はこび」をぜひ実行していただきたいと思います。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

●金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい- 

●金運アップの最重要な秘訣-金運アップは元氣に生きる源

■[ご縁ある方々を明るく元氣にするお寺 長福寿寺のHP]

IMG_8157

The following two tabs change content below.
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket