今日(1月15日)は『左義長』 金運アップを祈ります。

今日(1月15日)は『左義長(さぎちょう)』です。

無病息災と五穀豊穣(金運アップ)を祈る日です。

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

今日(1月15日)は

『左義長』(さぎちょう)

ですね。

『左義長(さぎちょう)』とは、

「お札」「しめ飾り」「門松」などを火にくべて燃やし、無病息災(むびょうそくさい)や五穀豊穣(ごこくほうじょう)といった皆さま方の幸せを祈る日です。

本来は14日の夜、もしくは15日の朝から火をたき始めるものです。

長福寿寺ではダイオキシンを発生させない専用の「火葬炉」で、今朝から焼いています。

この土日で、かなり多くの方が正月飾りをお持ちになりましたので、感謝の心を込めて焼いているところです。

皆さまのご多幸を祈念しながら…。

なお、この『左義長(さぎちょう)』は全国的に行われる火祭りですが、地方によって呼び方が異なります。

例えば

・とんど焼き
・どんど焼き
・どんどん焼き
・おんべ焼き
・さいと焼き
・三九郎焼き

などです。

ぜひ、皆さまに於かれましても、ご自身やご家族の無病息災(むびょうそくさい)や五穀豊穣(ごこくほうじょう金運アップ吉ゾウくんにお祈り下さい。

必ずや、大きな、大きなご利益をいただくことが出来るでしょう!!

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket