ひな祭りは「厄落とし」に最適な日

ひな祭りは「厄落とし」に最適な日

吉ゾウくんのサンキャッチャー

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

明日は

ひな祭り

ですね。

この「ひな祭り」、今では立派な「段飾り」を飾っていますが、古代の日本では、紙で作った人形に穢れ(ケガレ)を託して川に流していました。

この、紙で作った人形が、貴族たちの人形遊び「ひいな遊び」と結びつき、今の雛人形となったようです。

つまり、ひな人形とは、

厄落としの行事

だったのですね。

「金運が無い人」は厄落とししよう‼

ですから、今、「金運が無い」と嘆いている方は、ひな祭りに乗じて

厄落としをしましょう。

方法は簡単です。

招き吉ゾウくん招き結愛ちゃん(お内裏様とお雛様)をナデナデするだけ‼

たった、これだけで

厄が落ち、金運が上がります。

必ずです‼

ぜひ、実行して下さい。

「今年で雛人形を飾るのが最後」…という方へ

なお、「今年で雛人形を飾るのが最後」…という方は、感謝の心を込めて供養してあげて下さい。

もちろん、長福寿寺でも「ひな人形供養」を行っています。

3月もの間、読経供養を行い、専用の火葬炉で荼毘に付すので、最後の最後まで「高僧」の手で供養できる日本唯一の寺院です。

雛人形を供養される時には、お任せて下さい。

 

長福寿寺の人形供養

長福寿寺の人形供養は、400年もの歴史を誇る真心込めた人形供養です。

ご家族の思い出がたくさん詰まったお人形、いつも一緒だったぬいぐるみ。

何年も、何十年も、子供のころから成長を共にし、愛情タップリです。

しかし、「生じたるものは必ず滅す」とお釈迦様が説かれたように、
可愛がっていた人形やぬいぐるみも必ず古くなり、壊れてしまいます。

それは世の常であり、誰にも止めることはできないのでしょう。

でも、お子様やご家族の愛がいっぱい、いっぱい詰まっているお人形様だからこそ離しがたく、むやみに捨てるわけにはいきません。

我々は、そんな大切なお人形様をあずからせていただくのです。

そこで、貴方やご家族の思い出がいっぱい、いっぱい詰まった大切なお人形を、真心込めて供養するにはどうしたら良いのか…

私たち長福寿寺の僧侶は真剣に考え、仏さまからのお言葉をいただきました。

そして、桓武天皇勅願寺の長福寿寺では

①お人形様を十一面観音様の御前に綺麗にお奉りし、

②厳しい修行を積んだ僧正・今井長新師ほか、長岳師、長俊師、長秀師などの高僧により

③3ヶ月もの間、真心込めて読経供養され、

④感謝の念で大事に、大切にお焚き上げ[人形の火葬]を厳修し、

⑤お人形様の御霊を極楽浄土に導きます。

●長福寿寺の人形供養のHP

遠方の場合

遠方の場合は、宅配でも受け付けております。

詳しくはホームページをご覧下さい。

受付時間

受付時間は毎日午前9時~午後4時です。(年中無休)

供養料

人形・ぬいぐるみの場合、1体1体の供養料となります。

(身の丈10㎝以内) 1,000円
(身の丈30㎝以内) 3,000円
(身の丈30㎝以上、又は重さ1キロ以上)5,000円 
80㌢を超す特大のお人形様・ぬいぐるみ様につきましては、特別供養とさせていただくため、1万円の追加となります。

ひな人形・五月人形は、一式1万円にてお受けしています。
七段飾りにつきましては2万円とさせていただきます。
(道具類、台も送っていただいて構いません。また何箱になっても構いませんが箱に番号を記して下さい)

※詳しくはホームページをご覧下さい。

人形供養をされた方の喜びの声

【長福寿寺様ならばと思い、迷わず決めました。】

ひな人形の供養をお願いしたく、どうしたら良いのかわからず、インターネットで調べていたところ、長福寿寺様ならばと思い、迷わず決めました。
他の方からの感謝の手紙に感動しました。
私が幼稚園・小学校の時は、毎年のように飾っていましたが、中学生・高校生になるにつれて、飾る機会が減り、押し入れにいれたままでした。
それから何十年か経ち、このままでは雛人形が可愛そうだと思い、長年、愛着のある雛人形を供養してもらおうと思い、お送りさせて頂きました。
ひな人形さん、今までありがとうございました。
ゆっくり休んで下さいね。
遠方の為、直接お伺いできませんが、近くに行った時にはお参りさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いします。 (大阪府 T.Y様)

【お電話で大変親切なご対応いただき、有り難うございました。】

先日は、お電話で大変親切なご対応いただき、有り難うございました。
今回供養をお願いしたい人形は40年ほど前の亡き祖母のアメリカ旅行土産の人形です。
長らく実家の部屋に飾ったままだったのですが、気がつけば随分と古くなり…(中略)
長福寿寺様にご供養していただけたならば、お人形も救われることでしょう。
よろしくお願い申し上げます。 (佐賀県 I.F様)

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket