今から始めないと間に合わない!【高額当選を狙う《黄金の絵馬》】の書き方(2/5)

今から始めないと間に合わない!【高額当選を狙う《黄金の絵馬》】の書き方(2/5)

お元氣さまでございます。

日本一の金運寺・日本一宝くじが当たる吉ゾウくんの長福寿寺 第56世住職 今井長秀です。

昨日から5回にわたり

満月パワークリスタル

今から始めないと間に合わない!
サマージャンボ宝くじで【7億円当選】を狙う
吉ゾウくんの《黄金の絵馬》の書き方

についてお話しております。(今日は2回目です)

昨日のブログでは

(1)本気で《黄金の絵馬》を書いて、実際にご利益をいただいた方のお話
(2)でも、多くの方が「間違った書き方」のため《大損》をしている

という話をしました。【昨日のブログはコチラをクリックして下さい】

それでは今日は早速「正しい書き方」についてお話しましょう。

【7億円当選】を狙う《黄金の絵馬》の正しい書き方

 

絵馬には、ちゃんと「書き方の作法」があります。

この「作法」に則って、本気で書けば、本当に絶大な御利益をいただくことができるのです。

それでは、早速、

【7億円当選】を狙う《黄金の絵馬》の書き方

をお伝えいたしましょう。

「何のため?」 目的・目標をハッキリさせる

多くの方が

「宝くじ7億円が当たる」とか
「サマージャンボ宝くじで1等当選」

といった書き方(祈り方)をしています。

このままでは単なる「欲望」「おねだり」なんです。

「何のためにお金が必要なのか?」
「7億円が当選したら、何に使うのか?」

これが重要なんです。

つまり、「〇〇を実現させるためには〇〇円が必要なので、〇〇円が当選する!」と、

目的・目標がハッキリすることで、吉ゾウくんからの信頼を得ることができ、金運が10倍増するのです。

ぜひ、「何のため?」をしっかりと考えた上で、書いて下さい。

その際に注意していただきたいのが、【お誓い】をまず先に樹(た)てることです。

「自分が何を成し遂げるのか」
「2021年に何にチャレンジするのか」

を、

【お誓い】

した上で、「お願い」をするのです。

正式には

「誓願(せいがん)」

と言います。

「お誓いを立てた上で、願う」

これが急所です。

それにもかかわらず、

「お誓い」が抜け落ち、

さらに

「お願い」が単なる「おねだり」になる

…これでは、吉ゾウくんからの絶大な御利益をいただくことはできません。

単なる「おねだり」を叶えていたら、

甘やかしになり、その方の人生はどん底に堕ちてしまいます。

その方の人生を《最高に輝く人生にする》のが、吉ゾウくんです。

ただ単に、甘やかすだけではダメだとわかるでしょう。

(お子様の教育だって同じです。甘やかすばかりでは、ダメ人間になってしまいます)

必ず、まず先に【お誓い】を書くようにしてください。

それも、できるだけ【具体的】に書くのがポイントです。

住職より

今日はここまでにいたしましょう。

今週は、あと3回

【高額当選を狙う《黄金の絵馬》】の書き方

についてお話します。

毎日、午前11時にブログアップいたします。

お見逃しないようにお願いします。

そして

【7億円の高額当選】

を狙いましょう!

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

■サマージャンボ宝くじで【7億円当選】を狙う《黄金の絵馬》

奉納金:3,200 円 (税込)

授与品を依頼する

 

The following two tabs change content below.
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket