金運増大の方角は「西」だゾウ♫

金運アップ(金運増大)の待ち受け

20160501143229_00001 - コピー金運増大の方角は「西」だゾウ♫

吉ゾウくんの金運アップ(金運増大)の待ち受けです。
携帯の待ち受けにしていただければ、必ずや金運が増大していくことでしょう。
なお、1週間に1回(毎週木曜日)に新しい吉ゾウくんが登場しますので、毎週入れ替えて下さい。
また、吉ゾウくんからのメッセージもしっかりと受け止めて、毎日の生活の中で少しでも行動に移していただければ、さらに、さらに金運アップ(金運増大)すること間違いありません。

■願いを叶える! 金運を上げる! 幸せを呼ぶ! 【吉ゾウくん】とは…

吉ゾウくんは、あなたの願いを叶え、金運をアップ・金運増大させてくれる幸運の象です。
430年前の伝説に基づき建立されました。
高さ3.8m・重さ8tもある日本一の石像で、足を撫でればご利益てきめん! 
必ずや吉ゾウくんが願いを叶えてくれることでしょう。
※日本有数のお金持ち・斉藤一人さんも吉ゾウくんの金運アップ力に太鼓判です。
※2月14日(日)の「行列のできる法律相談所」でも開運・金運のパワースポットとして紹介されました。

満月パワークリスタル

■吉ゾウくん伝説

吉ゾウくんは、あなたの願いを叶え、金運を増大させてくれる「幸福を呼ぶゾウ」です。
吉ゾウくんは、いつ、どのようにして長福寿寺へやって来たのでしょうか?
それは、それは、今から430年ほど前、室町時代の末の頃です。
当時の長福寿寺學頭は17代豪仙學頭(ごうせんがくとう)でした。
豪仙學頭は18歳の若さで僧正(そうじょう/僧侶の最高位)になる程の名僧でした。
また織田信長の焼き討ちに遭い荒廃した比叡山を援助し、根本中堂を再建した素晴らしいお坊様として大変有名でした。
豪仙學頭が多くの人々を救い、仏教をひろめることができたのはなぜなのでしょうか?
…実は吉ゾウくんに由来するのです。

ある時、豪仙學頭が、人々の幸せを願い厳しい修行を積んでいました。
早朝より護摩修行をしていると、火炎の中に一頭の象が舞い降りてきました。
象は古来より仏さまのお使いとされ、願い事を叶えてくれるといわれています。
豪仙學頭の前に舞い降りたのも「幸せを呼ぶ吉象」だったのです。
火炎の中から吉象が告げるには
「私は人々を幸せにするためにやってきた。
私の足をさすれば必ず幸せになれる。そのことを多くの人々に伝えよ。
また、そなた自身にも絶大なる力を授けよう」…と。

これより豪仙學頭は、人々の願いを叶える象「吉ゾウ」を知らしめ、数えられないくらい多くの人々を幸せに導いたのです。
吉ゾウくんはあなたの願い事を叶え、金運アップ・金運増大へと導いてくれる吉の象です。
どうぞ、願いを託してください。

   桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第五十六世学頭 今井長秀

■最強大金運守り

 1個3,900円(税込)

最強大金運守りは、皆さまの「家の金運」を増大させてくださる有り難いお守りです。
家の中で一番目立つ場所・一番目に付く処にお奉り下さい。
いつでも吉ゾウくんのご利益をいただいているという心はこびが大切です。

度肝を抜く大きさです。(高さ27㎝・横幅16㎝)
金箱入りの超豪華なお守りです。

13076581_1105682489497099_6336309214116898178_n

●最強大金運守りのお求めについてはココをクリックして下さい。

http://choufukujuji.com/shopping/index.html

 

[言葉ぐせ・口ぐせについての教え]

●「お金がない人」の言葉クセ(口ぐせ)-まとめ編-

●「金運アップ」への言葉クセ(3大口ぐせ)-まとめ編-

The following two tabs change content below.

東條 里美

金運を呼ぶ画像をお届け!吉ゾウくんイラストレーターの里美です。 吉ゾウくんと働くようになってから、笑顔のない日々が『福が来そうな顔してる!』とお客様からよく褒められるようにまでなり、笑顔がトレードマークになりました!皆様に金運&笑顔を運ぶスタッフとして奮闘中!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket