「くれくれ病」は貧乏病

「くれくれ病」は貧乏病

340年に1度人生大逆転のチャンス!

何でも「欲しい、欲しい」と“ねだる”のが大好きな人がいます。
単に「物」だけではなく、「行為」「情報」も入ります。

人から「物をもらうこと」「何かしてもらうこと」については《当たり前》だと思う反面、
自分が他人に対して「物をあげること」「何かをしてあげること」《極端に嫌う》のです。

こういう人を「くれくれ病の人」と言い、貧乏神が大好きなタイプなのです。

くれくれ病の特徴は3つ

①物をくれくれ
②何かしてくれくれ
③教えてくれくれ

①「物をくれくれ」
この人は、タダで物をもらうことが当たり前だと思っている人です。

②「何かしてくれくれ」
この人の特徴は、人に何かをしてもらうのが当たり前だと思っているが、決して自分からは何もしてあげないことです。

③「教えてくれくれ」
この病の人は、他人に教えてもらうことは大好きだが、何一つ行動を起こしません。

あなたは大丈夫でしたか?

この「くれくれ病」に冒されると、すぐに貧乏神の餌食となります。
も、フトコロも…いつも貧しくて、決して豊かになることはありません。

例え話

mark_money_muryou

例え話をしてみましょう。

「くれくれ病の人」は、タダという言葉に弱いので、

市や町がタダで何かをしてくれることに対しては《当たり前》だと考えています。

「おれは税金を払っているんだ」と自己主張する輩がその類です。

だから、何かと行政にねだります。補助金をもらいます。

でも、その行政の財源を増やすことについては…まったく関心を持ちません。

これが「くれくれ病の人」の特徴です。

お寺で起きた「くれくれ」問題

yakuza_intelligence

寺院と檀家さんとの間でも起こることです。

他の寺院で起きたことですが、こんな話を聞きました。

寺の境内を周辺檀家の方が駐車場として使用していました。勝手に…。

御住職も、お檀家さんのことだから…と大目に見ていたのですが、

ある時に強風で樹の枝が折れ、運悪く駐車していた車をキズつけてしまいました。

すると…どうでしょう。

無断で、無料で駐車していたにもかかわらず、

車にキズがついたから弁償しろ!!

と怒鳴り込んで来たのです。

もちろん、法的にも支払う必要はありませんので、他の方が間に入り問題は解決したとのことですが、やるせない話です。

本人は気づいていない

money_megakuramu_man

でも、このように「くれくれ病の人」は、自分でも気がつかないうちに

人に物をくれくれ!

タダでくれくれ!

自分だけが得すれば良いんだ…

と、「欲しい、欲しい」と叫ぶのです。

本人が気がついていない…というのが恐いですね。

あなた自身を省みて、チェックして下さい。

また、あなたのご家族も…。

もし、当てはまる人がいたら…う~ん、恐い!

まとめ

money_kinketsu_man

この「くれくれ病の人」は決して幸せになれません。

お金も、心も豊かになれません。

なぜならば、「貧乏神」に好かれるからです。

ぜひ、ご注意下さい

 

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

●金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい-

●金運アップの最重要な秘訣-金運アップは元氣に生きる源

■[ご縁ある方々を明るく元氣にするお寺 長福寿寺のHP]

IMG_8157

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket