金運をアップさせる[信仰心]の教え-まとめ編-

金運をアップさせる[信仰心]の教え-まとめ編-

金運アップ・宝くじ当選のご利益絶大 吉ゾウくん
金運アップ・宝くじ当選のご利益絶大 吉ゾウくん

お元氣さまでございます。長福寿寺 第56世住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。
今回より、[金運をアップさせる4つの教え]の第3番目の[意(心はこび)]、その1つ目の【信仰心】についてお話をさせていただきます。

【信仰心】とは、一言で言えば

すべては仏さまのお導き…と信じること

に尽きます。

理屈ではありません。そう信じること…なんです。
でも、我々のような凡人は…なかなかそうは思えないのが実状です(笑)

お守りとは…

実際、長福寿寺でも信仰心が少なくて勿体ない人が結構います。
それは、お守りを“グッズ感覚で購入”していく人のことです。

本来、お守りとは、仏さまの分身であり、そのお守りを持ち歩くことで「あなたの信仰心を深め」、その信仰心の深さに比例してご利益を頂戴するものです。
つまり、ご利益をいただくためには「信仰心を深める」という[心はこび]が非常に重要なのです。

しかし、お守りさえ持てば、ご利益が自動販売機のように降りてくると勘違いしている人が、結構いるのです。

「お守りを持つことで信仰心を深める」

ということが、とても大切なのですが…勿体ないです。

信仰心を深める、つまりは[すべては仏さまのお導きと信じること][すべての出来事に仏さまからのメッセージが込められていること]を信じられるかどうかで、あなたの今後の人生は大きく、大きく変わります。
確実に…。

信仰心を深めるためには…

では、どうしたら良いのでしょうか?
難しい問題ですね。
何故ならば、これは「理屈」ではないからです。
あなたが心底信じられるかどうか…なのです。

そこで、今回の信仰心について

①四國遍路での私の実体験 
②みんなのために、みんなと共に 
③苦難・成功…すべてがお導き 

の3回に分けて、さまざまな方面から「信仰心」についてお伝えさせていただきます。
もちろん、根幹は同じなのですが、人それぞれ心に響くお話が異なると思います。
あなたにとって最適な信仰心の深め方を見いだし、ご利益をタップリと受け取れる[心はこび]を培って下さい。
そうすれば、必ず金運もアップしていきます。

【1】四國遍路での私の実体験

20160609042014_00001 - コピー

まず、私の四國遍路での実体験をお話させていただきます。
もちろん、最終的には、あなた自身が実感することで、「すべては仏さまのお導きと信じること」が出来るようになるのですが、そのための1つの方法として私の実体験を共有していただければ幸いです。

私は、よく四國のお遍路に行かせていただいております。それも「歩き」「野宿」でのお遍路です。

「お遍路は人生そのもの」とよく言われます。

実際に歩いてみると、急斜面の山道、それもドシャブリの雨の時もあれば、アスファルトの平坦な道が100㎞続くときもあります。
晴れた太平洋を見渡せる素晴らしい時もあれば、土砂崩れで道を引き返さなくていけない時もあります。
雨の中で車に水をかけられることもしばしばですし、逆に、雨の中で野宿場所を探してさまよっていると見ず知らずのお婆ちゃんに声を掛けられ、泊めていただいたこともあります。
また、室戸岬では太平洋をながめながら泣いてしまったこともあります…。

本当に、本当にいろんなことが起きるのが歩き遍路の40日間なのです。

そして、その一つ一つの出来事から、多くのことを学びます。

「お遍路は人生そのもの」と言われるのも、そのためです。

良い時もあれば、辛い時もある。悲しくて泣いてしまう時もあれば、嬉しい時もある。

そのすべての出来事には【仏さまからの《お導き》《メッセージ》が込められている】

と感じることができるようになるのです。

ですから目の前に起こった出来事を拒絶するのではなく、素直に、前向きに、我欲をできるだけ取り除いて見つめることが出来るようなる…これが四國遍路のスゴさなんです。

お経によれば…

ちなみに、このことは「円頓章」という経典に

『一色一香。無非中道。已界及佛界。衆生界。亦然。陰入皆如。無苦可捨。無明塵勞。即是菩提。無集可断』

と説かれています。

経典なのでわかりにくいかもしれませんが、要約すれば

すべての現象・出来事に仏さまが宿っているのですから、嫌なことも悲しいことも拒絶するのではなく、
自分自身のこととして素直に見つめなさい。

というのです。

すべての出来事に意味がある

人はうまくいかないことで成長し、うまくいくことで試されています。

置かれた状況の中で「どう生きるか」「その経験から何を学ぶか」

…このことが何よりもたいせつなこと。
つまりそれは、失敗してもめげず、成功しても奢らず、学び、成長し続けることなのですね。

すべての出来事に意味がある。

だから「今起こったことを素直に見つめ、今を大切に生きる」…これが仏さまの教えであり、四國遍路で学ばせていただいたことなんです。

いかがでしたでしょうか?
もちろん、私の実体験であり、その場にご一緒していなかった皆さまに同じ気持ちを抱いていただくのは…難しいのかもしれません。
でも…ぜひ、ご自身で四國遍路に行ったつもりになって読んでみて下さい。
そうすれば、私が感じたことと、学んだことを共有できるのではないでしょうか。

【2】みんなのために、みんなと共に 

【夏】梅雨 - コピー

次は、私が最近感じたことをそのまま書きます。
最近、自分を省みることをせず、すべての失敗を他人のせいにしている方をよく見かけます。

自分は正しく、他人が間違っている。
こんなことになったのはアイツのせいだ…

といった類です。

しかし、仏教では

人生で起こるすべての出来事は仏さまが意図的に下さった試練

なのだと教えています。

つまり、仏さまが、あなた自身を

元氣で幸せにするために、
何か大切なことを気づかせてくれるために、

必然的に試練を与えて下さっているのです。

そして、仏さまが必然的に与えてくれる試練なのですから、解決できない問題は決して起こりません。
前向きに、我欲を取り除き、慈悲心を以て取り組めば、後で必ず「あの問題が起きてよかった。そのお陰で…」と言えるような恩恵をもたらすのです。

みんなのために、みんなと共に

特に、一生懸命努力しているのに、ものごとが上手くいかない時…

そんな時は、「俺が、俺が!」という我執(がしゅう=自分のことばかり考えること)が強くないか省みて下さい。
「自分の見栄や外聞、名誉、自己の利益のためだけに動いていないか」自分の心の中を見つめて見てください。

我執が強いと、どんなに実力があっても、努力しても人々の協力が得られず、また仏さまのご加護もいただけず、何ごとも成しがたいものです。

お経にも、自らの心の内に巣くう「我執」を取り除き、

みんなのために、みんなと共に

という念(おも)いを持ち続ければ、何ごとも上手くいき、願いが成就すると説かれています。

《人生で起こるすべての出来事は仏さまが意図的に下さった試練》
そして
《みんなのために、みんなと共に》

この2つの心はこびを「フリ」で構わないので心がけて下さい。

フリを続けることで、少しずつ信心が深まり、仏さまからのご加護をたくさん受け取ることが出来るようになります。
仏さまからのご加護をたくさん受け取ることが出来れば…必然的に金運もアップするのです。

【3】苦難、成功…すべてがお導き

【夏】あじさい&虹① - コピー

さて、3番目は「苦難、成功…すべてがお導き」というテーマでお話します。

あなたも人生で辛く、苦しい時がありますよね。
そんな時は心が折れそうになる。めげそうになる…気持ちは良くわかります。

でも、どうでしょう。
辛く、苦しい時こそ、「これはチャンスだ!」と考えてみてはいかがでしょうか?
なぜならば、

苦難こそが、あなたを育ててくれる成功への糧・エネルギー

となるからです。
また、逆に何もかも上手くいっている時こそ、人間は過ちを犯しやすいものです。 

失敗や苦難に遭遇した時に、不平不満を口にすることなく、人を怨むこともなく、その試練に耐えて、さらに努力を重ね、小さいながらも確かな成功を1つずつ積み重ねていくことが、やがて逆境を成功に変えるパワーとなるのです。

また、成功や幸運が続いている時も、おごることなく、素直な心で感謝し、更なる努力を重ねることが成功を長く続ける秘訣なのです。 

苦難、成功、…どちらも仏さまからのお導き

であり、そこには、必ず

「幸せになるためメッセージ」が込めてられている

のですから…。

しかし、私たちには「オレが…、オレが…」という我欲があるため、せっかくの仏さまからの「幸せのメッセージ」が聞こえにくいのです。

仏さまが一番良い時期に、一番良い方向へとお導き下さる

そこでお願いです。

「オレが…、オレが…」という我欲を減らすために

仏さまが一番良い時期に、一番良い方向へとお導き下さるのだ

と信じて下さい。

心をやわらかくして…。

出来る限り…で構いません。

そうすれば「信じる者は救われる」の言葉通り、必ず仏さまからの「幸せになるためのメッセージ」が聞こえてくるようになります。

【4】まとめ

_MG_3616

今回3つの方向から【信仰心】についてお伝えしてきました。

いかがでしょうか?
何となく…でもご理解いただけましたでしょうか?

一番最初に申し上げた通り、【信仰心】とは

すべては仏さまのお導きと信じること

に尽きるのです。

理屈ではありません。そう信じること…なんです。

でも、そう信じて毎日生活していると、不思議とご利益をいただくことができるようになり、ますます信仰心が深まっていくのです。

仏教用語では「感応道交(かんのうどうきょう)」と言いますが、余りにも専門的になるので、ここではお話しません。

でも、「すべては仏さまのお導き」と信じ、その上で、このブログにてお伝えしている「金言」を実行して下されば、あなたの幸運・金運は必ずアップしていきます。

必ず…です。

ますますの御精進をお祈り申し上げます。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

●金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい- 

...

■[ご縁ある方々を明るく元氣にするお寺 長福寿寺のHP]

IMG_8157

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket