「あいさつ」の出来ない人…金運上がりませんよ!

「あいさつ」の出来ない人…金運上がりませんよ!

吉ゾウくんのご利益お守り

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

今日は「あいさつ」についてお話させていただきます。

長福寿寺では「明るい笑顔」と「元気なアイサツ」が金運アップの根本ですよ!

とお伝えしています。

事実、「明るい笑顔」と「元気なアイサツ」が出来る人は、吉ゾウくんからのご利益をタップリといただき、金運が上がる人です。

「明るい笑顔」と「元気なアイサツ」によって、《心の扉》が大きく開き、吉ゾウくんのご利益がドンドンと入っていけるからです。

逆に、「ムスッ」としていたり、「しょぼくれた顔」でいると、《心の扉》が固く閉ざしてしまい、せっかくのご利益を跳ね返してしまうのです。

長福寿寺でのおせっかい(笑)

長福寿寺にお参りにいらした方には、長福寿寺のスタッフが元気良くアイサツします。

「こんにちわ~!」…と。

スタッフの「明るい笑顔」と「元気なアイサツ」によって、皆さま方の《心の扉》を大きく開くためです。

ただ、中にはアイサツを返さない方がいます。

目線も合わせない人もいます。

これは…勿体ない!

自ら…「ご利益はいらないよ!」と言っているようなものです。

本当に勿体ない!

だから…私(住職)は、長福寿寺にお参りに来られた方に「こんにちは~!」とアイサツをして、お返事が無いと、わざわざ近づいて「元気なアイサツをしないと金運が逃げてしまいますよ」とお節介をしています(笑)

結論!

いつも申し上げていることですが、

幸せだから「笑顔」「元氣」になるのではありません。

「明るい笑顔」と「元気なアイサツ」を行うから「幸せ」になり、「金運もアップする」のです。

この順番を間違えないで下さい。

特に、お参りに来られた時には

「元気なアイサツ」

を必ず行って下さい。

頂戴できるご利益が爆発的に増大します。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket