お金の神様に好かれる「盛り塩」のススメ

お金の神様に好かれる「盛り塩」のススメ

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

お彼岸まで、残り1週間を切りました。

「玄関そうじ」は進んでいますか?

先般お伝えしたように、

玄関は「金運」の出入り口

特に、3月はお彼岸があるため「願いが叶いやすい時期」です。

お彼岸がやって来る前に「金運」の出入り口である玄関をそうじし、「お金の神様」に真っ先に訪ねてきてもらいましょう。

なお、《玄関そうじの急所》については、先日にお伝えしましたので、省略させていただきます。

■ご興味ある方はコチラをご覧ください。

金運アップの「盛り塩」のススメ

玄関をピカピカに掃除して、お金の神様に来てもらえる準備が整ったら、最後に

「盛り塩」

をして、清らかな氣で満たしましょう。

塩には、玄関の邪気を吸収し、清めてくれる働きがあります。

ぜひ、定期的に「盛り塩」をして、金運アップのご利益を倍増させましょう。

盛り塩のやり方

盛り塩のやり方は、

①お塩を用意します。できれば「天然の塩」が良いです。なければ「食卓塩」でも構いません。

②直径5㎝程度の皿に、大さじ2~3杯分の塩を円錐形(えんすいけい)に盛ります。

③玄関の隅に左右一対に置くとご利益が高まります。置く場所は中でも外でも構いません。

④通常は1週間から10日で新しい「盛り塩」に交換するようですが、「そろそろ新しいものに替えたい」と思った時に交換すれば良いですよ…と私は伝えています。

長福寿寺の盛り塩「吉ゾウくんの黄金塩」のご紹介

ちなみに、長福寿寺で授与(販売)している盛り塩「吉ゾウくんの黄金塩」は、袋入りです。

もちろん、ご祈祷を修し、ご利益を増大させています。

だから、1週間や10日で交換する必要はなく、また「袋入り」なので、どこにでも気軽に置くことができます。

ただ、いくら袋に入っているからといっても、邪気を吸い続けている「盛り塩」です。

どんなに長くても、3ヶ月に1度は新しいものに替えましょう。

「吉ゾウくんの黄金塩」はコチラをご覧ください。

●~3月限定~吉ゾウくんの【玄関最強セット】はコチラをご覧ください。

まとめ

3月は、とにかく「玄関」が金運アップのポイントです。

お彼岸前に、ピカピカに掃除をするのはもちろん、

「盛り塩」をして、玄関の気を清め、「お金の神様」に喜んで来ていただきましょう。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket