今日(8月18日)は宗祖・伝教大師のお誕生日です

吉ゾウくんのご利益お守り

今日(8月18日)は宗祖・伝教大師のお誕生日です

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

今日(8月18日)は、

我が天台宗の宗祖・伝教大師のお誕生日です。

伝教大師は766年に生まれ、日本仏教の根本道場である

比叡山延暦寺

を開かれた方です。

この比叡山延暦寺は、日本仏教の母山と呼ばれています。

実際に、阿弥陀聖と称される空也さん、浄土宗の法然さん、浄土真宗の親鸞さん、 臨済宗の栄西さん、曹洞宗の道元さん、日蓮宗の日蓮さん、時宗の一遍さんなど、日本仏教界の名僧を輩出しています。

つまり、日本仏教の大学のような存在なのですね。

その伝教大師は、すべての人々が救われるという《天台の教え》を弘めることに生涯を捧げました

そして、その言葉に

「我がために仏を作るなかれ。我がために経を写すなかれ。我が志を述べよ。」

というものがあります。

日本語訳をすると

私が亡くなった後、私を供養するために仏像を作ってはならない。
私の供養のために経典を書き写してはいけない。
そのヒマがあったならば、私の志(教え)を実践し、伝えよ。

ということになります。

大切なことは、

教えを実践すること

だと言っているのです。

決して形式にとらわれたり、儀式ばかりをするのではなく…(笑)

現代の私たちも同じです。

どうしても、形式にとらわれがちですが、

そうではなく、

仏さまの教えを、少しでも日々の生活に活かせるよう努力すること

が大切なのではないでしょうか?

つまり、

「形式」や「理屈」ではなく「実践」「行動」

なのですね。

ちなみに…

ちなみに、私・今井長秀(長福寿寺 住職)の誕生日

8月18日なんですよ。

お盆・施餓鬼の真っただ中で多用なため、ゆっくりとお祝いしてもらったことが無いのですが…(笑)

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket