師匠を持つと、金運&幸運がアップするゾウ♫ -2-

師匠を持つと、金運&幸運がアップするゾウ♫ -2-

[2] 師匠を持つと、こんなにも金運がアップするゾウ♫

お元氣さまでございます。長福寿寺の今井長秀です。

今日は、

師匠を持つと、金運&幸運がアップするゾウ♫

の2回目。

バレンタインジャンボ宝くじが高額当選するお守り

テーマは

師匠を持つと、こんなにも金運がアップするゾウ♫

についてお話させていただきます。

1回目で、

師匠を持つと、あなたの魂レベル(心のレベル)が高まるので、
金運&幸運もグングンとアップしていく

ということについてお話をしました。

今回は、それを実現した事例についてお話をします。

師匠を持ったことで一番変わったのは…私自身です。

でも、私自身の師匠については5回目にお話させていただくことにしましょう。

そこで今回は、私以外で「師匠を持ち大きく金運をアップさせた事例」をご紹介させていただきます。

妻・今井紫満の話

 

まず、何と言っても一番の見本は

私の妻・今井紫満(いまい・しま)

です。

本来ならば、私の教えを一番身近で聞いているはずの妻ですが、どうも夫の言うことは心に響かないらしい…(笑)

その妻の師匠は

斉藤ひとりさん

です。

■斉藤ひとりさんと出逢って…

紫満(しま)さんは、斉藤ひとりさんと出逢って、劇的に変わりました。

それまで、引っ込み思案の上に、気分の起伏が激しく、ウツ気味になったこともありました。

その紫満さんが、斉藤一人さんと出逢い、その人柄に接し、教えを実行するようになってから、本当に大きく変わったのです。

いつも明るく、やさしく、とても素敵な女性になりました。

また、自分自身の人生を見つめ、豊かな人生を築くために考えるようにもなりました。

おかげで、金運もグングンとアップしています。

もちろん、吉ゾウくんのご利益もあります。

しかし、紫満さんの場合は、何と言っても、である斉藤ひとりさんの影響が大きいです。

素晴らしい師匠を見つけたと思います。

■一番弟子の柴村恵美子さん

斉藤一人さんを師匠に持ち、大金持ちになった方は数知れません。

私が親しくさせていただいている柴村恵美子さんも、その一人です。

柴村恵美子さんは、斉藤一人さんの一番弟子としてご活躍中ですが、ひとりさんとの出会いで人生が大きく変わり、大金持ちになった方です。

恵美子さんには、長福寿寺に来てもらい、講演会を開いたこともあります。

その恵美子さんが言うには

「北海道の田舎から出てきた、お金も学歴も無い私が、一生困らないだけのお金を持つことができただけじゃなく、ステキな仲間までたくさん出来て、毎日を本当に楽しく過ごせているのは、斉藤一人さんのお陰です。」

と言っておりました。

事実、柴村恵美子さんは現在、日本有数の大セレブとなりました。

5億円のマンションをポケットマネーで即金払いした話は特に有名です。

その全ては

斉藤一人さんという師匠

と出会ったからだといいます。

 

■智ちゃんの場合

 

ちなみに、長福寿寺のスタッフ・松本智子の師匠は

父親

だそうです。

なかなか父親のことを尊敬する子供は見かけないのですが、さすが智ちゃんの親父さんですね。

親父さんの

言ったことは必ず実行する

という教えをしっかりと守っています。

お陰で、智ちゃんは長福寿寺にとって不可欠の存在となりました。

明るく、元氣で、お客様の悩みも聴ける素晴らしいスタッフに成長しました。

もちろん、金運も上がったようで、今度は

真っ赤な外車

を買うそうです。

まとめ

今回、妻・今井紫満(いまい・しま)柴村恵美子さん、スタッフの智ちゃんの3人の《身近な事例》を用いて、

師匠を持つと、こんなにも金運がアップするゾウ♫

のお話をさせていただきました。

ぜひ、参考にして下さい。

なお、次回の

[3]師匠はどうやって見つけるのか

は、10月22日(日)の午後4時にアップさせていただきます。

ぜひ、ご覧になって下さい。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

The following two tabs change content below.
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket