【商売繁盛】最強の法則 『お客さま第一主義』

【商売繁盛】最強の法則 『お客さま第一主義』

吉ゾウくんのご利益お守り

お元氣さまでございます。長福寿寺 第56世住職 今井長秀(ちょうしゅう)です。

今日は久しぶりに【商売繁盛】【千客万来】のお話をします。

テーマは

『お客さま第一主義』

です。

新型コロナウイルスの影響で、業績が落ち込んでいるお店も多いことでしょう。

特に飲食店は大打撃です。

私の友人が京都で経営している料亭も3ヶ月もの間、営業自粛を余儀なくされていました。

しかも、未だに「予約」でしかお受けできない状況です。

今期の売上・利益は…言うまでもありません。

でも、こんな厳しい時期だからこそ、基本中の基本である

『お客さま第一主義』

を再確認する必要があるのではないでしょうか。

目先の売上・利益に血まなこになると…最終的にお客さまに嫌われてしまい、業績悪化に歯止めが掛からなくなります。

そこでお願いしたいのが『お客さま第一主義』です。

『お客さま第一主義』を徹底することで、集客・売上は必ず上がる!

結論から申し上げます。

『お客さま第一主義』を徹底すれば、集客・売上は必ず上がります!

必ずです。

事業経営というものは《お客さまの要求を満たす》こと。

お客さまに焦点を合わせることが一番大切ことです。

しかし、自らの都合を優先し、お客さまをないがしろにしているお店が結構あります。

でも、自分たちの都合を優先させているお店は決して繁盛しません。

特に、落ちた売上を取り戻そうと、数字だけを見ていると、必ずといって良いほど「お客さまへのサービス」が悪くなったり、「味」が落ちたりします。

失った利益は取り返すことができますが、取り返すことができないのは、いったん失ったお客さまからの《信頼》です。

お店の売上は「お客さま」によって得られるのであり、そのお客さまは「自分の要求に合わないモノは買わない」。たとえ一度買ったとしても、二度と買ってくれません。

一倉定先生の「繁盛店舗の作り方」

私が10年間勤務した日本経営合理化協会のカリスマ経営コンサルタント・一倉定先生(1999年亡)によれば、

●優れた会社は、お客さまの要求にもとづいて目標を設定し、行動する

●凡庸な会社は、わが社の現状にもとづいて目標を設定し、行動する

と述べておられます。

それにもかかわらず、お客さまを無視しているお店は決して少なくありません。

もちろん、本人たちは気づいていないのでしょうが…。

もしも、お店の集客・売上が振るわないのであれば、まず第一に

「お客さまを無視していないか」

を省みることが大切です。

なお、ここで言う『お客さま第一主義』とは、

お客さまにとっての「要求を満たす」「利益を得られる」ことであって、

単に「チヤホヤする」「卑屈になって何でも言うことを聞く」ことではありません。

そのためにも

自分のお店が、お客さまに差し上げる[メリット・御利益]を明確にすることが必要です。

ちなみに、前述の一倉定先生はクライアント(お客さま)を怒鳴ることが良くありました。

それは、「社長、あなたの考え方では会社を潰すよ!」という愛のムチであり、お客さまを心底思っての行動なのです。

だからこそ、5000社を超える企業を指導し、倒産寸前の企業を立て直したカリスマ・コンサルタントと呼ばれるようになったのですね。

あくまでも大切なことは

「お客さまの要求を満たすこと」

この基本中の基本に立ち戻ってください。

必ず、集客・売上が上がります!

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

『商売繁盛・儲かるお店づくりの《お守り》』授与

① 商売繁盛の「最強大金運守り」

4.100円 
(お店で一番目立つ場所にお奉り下さい)

授与品を依頼する

② 儲かるパワー倍増の「トイレのお守り(掛け軸型)」

2.400円
(お店のトイレにお奉り下さい)

授与品を依頼する

③ 貴店の大ファンをつくる「金銀財宝ザックザク守り」

5.200円
(お店の入口近くにお奉り下さい)

授与品を依頼する

の3種です。

このお守りは、6月20日の【天赦日=最強大金運日】に特別祈願をさせていただきました。

会社名(お店の名前)をお知らせ下さい

また、「メッセージ」の欄に「会社名(お店の名前)」をお書き下さい。

貴店の「商売繁盛・儲かるお店づくり」を一心に祈願いたします。

今回の御祈願は「法人(お店)」限定となります。

住職より一言

『お客さま第一主義』は商売繁盛・千客万来の《最強の法則》です。

徹底すれば、必ずあなたのお店が『商売繁盛・儲かるお店』になることでしょう。

ご利益をタップリと受け取って下さい。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket