目の病気【白内障・緑内障・視力低下】平癒のご利益絶大!

目の病気【白内障・緑内障・視力低下】平癒のご利益絶大!

お元氣さまでございます。長福寿寺 第56世住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

吉ゾウくんのご利益お守り

あと10日余りで11月です。

11月は何といっても

眼病平癒に霊験あらたかな[目治薬師様]の大御縁月

ですね。

目治薬師(めなおし・やくし)とは

長福寿寺の薬師如来は

「目治薬師(めなおし・やくし)

と呼ばれ、目の病気に多大なご利益があることで有名です。

昔から

眼病平癒
白内障平癒
緑内障平癒

の守り神として、たくさんの方がご利益を受け取っています。

その目治薬師の年に一度の大ご縁月が11月なのです。

11月のご縁月は、目治薬師のご利益が10倍増すると伝わります。

ぜひ、目の病気で苦しんでいる方、もしくはご家族の方はお参り下さい。

必ずや、目治薬師の大いなるご利益をいただくことができるでしょう。

眼病平癒の喜びの声

目治薬師の特別ご祈願会

目治薬師の眼病平癒パワーを存分に受け取っていただくために、

特別ご祈願会

を行います。

日程は

11月7日(木) 14時~ ※天赦日(今年トップクラスの大吉日)

11月10日(日) 14時~ ※大安吉日&大明日&天恩日&神吉日

の2日間です。

どちらか、ご都合の良い日にお参り下さい。

必ずや、大きな、大きな御加護をいただくことができるでしょう。

目治薬師の御利益絶大な[お守り]

眼病平癒・白内障平癒・緑内障平癒の御祈願を修したお守りです。

長福寿寺の僧侶一同にて、心を込めてご祈願を修しました。

ご利益絶大です。

なお、11月は「お守り」を授与された方に

[納め札]

を特別にお渡しいたします。

[納め札]「お名前」を書いて下されば、

目治薬師の御前に奉納し、お祈りさせていただきます。

更なるご加護をいただくことができるでしょう。

●お求めの方はコチラをご覧ください。

《目治薬師の特別開帳日》

なお、11月1日(水)から30日(木)までの1ヶ月間は、秘仏である目治薬師の《厨子の扉》が半分開けられ、直接 目治薬師をお祈りすることができます。

特に、

2日(土)・3日(日)
9日(土)・10日(日)
16日(土)・17日(日)
23日(土)・24日(日)

本堂開放時間■午後1時~午後4時
この8日間は本堂を開放する特別開帳日です。
目治し薬師の間近にてお祈りできます。

特別[個別祈願]も受け付けています

もちろん、特別[個別祈願]も受け付けております。
《あなた1人のためだけ》にお祈りさせていただく特別な祈願となります。
予約制となっておりますで、長福寿寺までお問い合わせ下さい。
お電話の際には「目治薬師の個別祈願の件で…」と仰って下さい。
電話0475(46)1837

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket