*

金運をアップさせる-サイコロの見え方

金運をアップさせる-サイコロの見え方

無題

お元氣さまでございます。長福寿寺 第56世住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。
幸運アップ・金運アップの「柔らかい心」の4回目です。
  ●1回目(はじめに)についてはコチラをご覧下さい。
  ●2回目(極楽の食事と地獄の食事…どう違う?)についてはコチラをご覧下さい。
  ●3回目(舌切り雀のむかし話)についてはコチラをご覧下さい。
今日は「サイコロの見え方」を例題に「柔らかい心」について考えてみたいと思います。

さて、我々がモノを見る時に、その見る角度心の状態周りの環境によって見え方が違ったという経験がありませんか?
例えば…「サイコロ」は見る方向で全く数字が異なります。
同じサイコロを見ている…つもりでも見る方向が違えば[1]を見てい人もいれば、[6]を見ている人もいて、[3]が見える方もいます。

それぞれの見る「見る方向」によって全く違う数字が見えるのです。

同じように、人間は自分の置かれている地位立場性格生活環境などで【モノの見え方・とらえ方が異なる】のです。
それが当たり前のことなんです。
だから意見が違って当たり前なんです。

しかし人間は、

自分の見えている【見え方・考え方】が「絶対」だと錯覚し、執着してしまう

のです。

こだわった(執着した)モノの見方をせずに、いろんなモノの見え方・考え方があるんだと思えるようになる…。
決して一つのモノの見方・考え方・尺度では測れないことを理解し、異なった考え方の人を認める…この心運びが幸せになるコツなのです。

ここでの教えは、「自分のモノの見方・考え方」に頑(かたく)なにこだわると地獄(不幸)に落ち、「相手の違う見方・考え方」を認めることで極楽(幸福)になる…ということです。

ぜひ、日常の中で心がけて下さい。

毎回申し上げることですが、心が柔らかくなれば、あなたの霊性(魂レベル)が格段と高まり、幸運・金運が必ずアップしていきます。
必ずです!

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

●金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい- 

●金運アップの最重要な秘訣-金運アップは元氣に生きる源

■[ご縁ある方々を明るく元氣にするお寺 長福寿寺のHP]

IMG_8157

金運増大、宝くじ当選、商売繁盛、金運アップ特設ページへ
The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のディズニーランド」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
金運増大、宝くじ当選、商売繁盛、臨時収入、金運アップ特設ページはこちら
金運アップへの【住職の理念】-必ずお読み下さい-
金運アップの最重要な秘訣-金運アップは元氣に生きる源
吉ゾウくんのお守り授与

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
どんな願いも叶えてくれる吉ゾウくんのお寺長福寿寺
  • twitter
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「死」を見つめることで、「生」を輝かせる

「死」を見つめることで、「生」を輝かせる お元氣さまでございます

金運アップ待ち受け!【吉ゾウくんとブタさん】だゾウ!!

  金運アップ待ち受け! 【吉ゾウくんとブタさん】だゾ

人のために動くとあなたもハッピーになれる!!

人のために動くとあなたもハッピーになれる!! おはようございます

諦めるなんて絶対ダメ!〜オシャレを諦めない方法〜

諦めるなんて絶対ダメ!〜オシャレを諦めない方法〜 こんにちは!セ

金運アップする6つの習慣~その3~『赦す』

金運アップする6つの習慣~その3~『赦す』   みな