金のゾウ降臨! 目指すは“仏教のテーマパーク” 長南町・長福寿寺

金のゾウ降臨! 目指すは“仏教のテーマパーク” 長南町・長福寿寺

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

「海いこ山いこチャンネル」

「千葉日報」

にて、長福寿寺の吉ゾウくんが紹介されていました。

ありがとうございます。

金色に輝く吉ゾウくん登場!

境内にある巨大な石造りのゾウの足を撫でると金運アップのご利益があるとの噂で以前、訪れた長南町の長福寿寺

2018年11月に「金色に輝く吉ゾウくん」が降臨したとの噂が耳に届きました。

それならばと年始のとある日、再び訪れてみました!

前回の記事 → 金運アップだ ゾウのご利益で1億円当選?! 長南町の「長福寿寺」

出典:ちばとぴ!ニュース
長福寿寺の門前に降臨した「金色に輝く吉ゾウくん」の像

台座を含めると高さ約3メートルほどの金色の吉ゾウくんが、正面の門前で高らかに鼻を上げている像があるではないですか。

境内の本堂前にある巨大な石造りの吉ゾウくんは、多くの人の金運アップの願いを叶えてきたと思われますが、金色に輝く吉ゾウくんにも期待が膨らみます。

この金色に輝く吉ゾウくんのご利益を頂戴するには、台座に名前を刻むといいそうです。

正面、側面、後面から名前を刻む場所を選び、奉納金を納めるのだとか。しかも先着順です。

金運がものすごくアップしそうな仕組みとなっております。

目指すは“仏教のディズニーランド”

長福寿寺の本堂前

しばらくすると、住職と思われる人がマイクを手に境内アナウンスを始めました。

「見上げてみてください。菊のご紋が輝いています。天皇の勅願寺、天皇の命令によって建てられたお寺でなければおまつりすることができません。つまり長福寿寺は、桓武天皇、桓武の帝の命令によって建立されましたので、菊のご紋をおまつりすることができるのです。中世においては308ものお寺を統率する大本山でございました」

マイクパフォーマンスをする今井住職

おおっ、桓武天皇の時代からといえば約1200年もの歴史を持つ大古刹です。由緒あるんですね~。

続きを聞いてみましょう。

「ご本尊は中央のスロープを渡って正面の福寿阿弥陀如来様。別名、お元気阿弥陀様と呼ばれております。皆様方の根源の元気力と人間関係力を増大させてくださる有難い有難い阿弥陀如来です。その右側には、合格祈願・受験合格の大貳権現尊、左側には、女性の守り神で婦人病平癒・婦人病除けのおすくひ夫人様がおまつりされています」

あらゆる願いを叶えてくれそうですね。

ご縁柱に手を添えると仏様と繋がるらしい

ちなみに、本堂前に立つご縁柱は、手で触れると仏様と手を繋ぐように心が繋がるそうで、この柱に手を添えて何やら念を送るような人の姿も見られました。

続きをどうぞ。

「また本堂前にそびえ立つ吉ゾウくん金運アップや宝くじ当選に絶大のご利益があります。左側の結愛(ゆめ)ちゃん縁結び・恋愛成就・夫婦円満・家族円満でございます。それぞれの仏様を心を込めてお参りをしてください。皆様方が心を込めてお参りをすれば、ご利益は必ず、必ずいただけます」

必ず、必ずだそうです。

そして最後に「明るく楽しく元気にする“仏教のディズニーランド”を目指しております」と!!

おみくじを結ぶ所も金色が目立つ

1200年もの歴史を刻むことができたのは、時代の流れに応じ続けてきたからなのかもしれません。

おみくじを結ぶ場所も、キンキラキンです。

みなさま、どうか良い年となりますように。

以上、明るく楽しい長福寿寺からお届けしました。

住職より

もの凄く、もの凄く長福寿寺のことをわかって下さっているリポーターさんです。

本当にありがとうございます。

心から感謝申し上げます。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

■長福寿寺のホームページ

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket