今から始めないと間に合わない!【高額当選を狙う《黄金の絵馬》】の書き方(4/5)- 本気で書く 直筆で書く

今から始めないと間に合わない!【高額当選を狙う《黄金の絵馬》】の書き方(4/5)- 本気で書く 直筆で書く

 

お元氣さまでございます。

日本一の金運寺・日本一宝くじが当たる吉ゾウくんの長福寿寺 第56世住職 今井長秀です。

5回シリーズで

満月パワークリスタル

今から始めないと間に合わない!
年末ジャンボ宝くじで【10億円当選】を狙う
吉ゾウくんの《黄金の絵馬》の書き方

についてお話しております。(今日は4回目です)

1回目のブログでは

(1)本気で《黄金の絵馬》を書いて、実際にご利益をいただいた方のお話
(2)でも、多くの方が「間違った書き方」のため《大損》をしている

という話をしました。【1回目のブログはコチラをクリックして下さい】

2回目は

(3)【10億円当選】を狙う《黄金の絵馬》の書き方

の中、

「何のため?」 目的・目標をハッキリさせる

をお伝えしました。【2回目のブログはコチラをクリックして下さい】

3回目には

「【10億円当選】を狙う《黄金の絵馬》の書き方」の2回目として

●願いごとは1つに絞る

●「みんなのために…」が吉ゾウくんを味方につけるコツ

をお話しました。【3回目のブログはコチラをクリックして下さい】

そして、今日もその続きです。

繰り返しになりますが、絵馬には、ちゃんと「正しい書き方」があります。

「正しい書き方」に従って、本気で書けば、絶大な御利益(金運アップ・宝くじ当選)をいただくことができるのです。

【10億円当選】を狙う《黄金の絵馬》の正しい書き方(3回目)

本気で書く 直筆で書く

本気で書いて下さい。

ふざけ半分の願い事では吉ゾウくんに聞いてもらえません。

できれば「叶った姿をイメージできること」です。

また、心を込めて「直筆」で書くこと。

あなた自身が直筆で書くことで《願いが叶うパワー》が10倍増します。

お名前も必ず書いてください。いただける御利益(宝くじ当選)が倍々増します!
(※お名前を書くことができない場合にはイニシャルでも構いません。)
(※長福寿寺の絵馬は「目隠しシール」が付いているので安心です)

2枚書くのが一番の急所

《絵馬を2枚書く》というのが重要です。

●1枚は「長福寿寺」に奉納し、
●もう1枚は「ご自宅」に奉納します。

この2枚に「異なる願いごと」ではダメです。

[同じ願いごと]を書くからご利益が倍増するのです。

1枚は[長福寿寺]へお送り下さい。

長福寿寺では、絵馬が届くと「吉ゾウくんの御前」にて特別祈願を修し、その後、絵馬掛けへお奉りさせていただきます。

自宅でも祈る、本気で祈る、当選をイメージする

もう1枚は[ご自宅]にお奉りして下さい。

それも、普段から良くいる部屋、「見える場所」にお奉りするのがコツです。

その時は、願い事が書いてある方を表にします。

そして、1日に1回、手を合わせてお祈り下さい。

その時、「願い事」を3回、強く念じると更にパワーアップします。

※念じる時間に決まりはありません。いつでも大丈夫です。

住職より

今日はここまでです。

明日は最終回です。

お見逃しないようにお願いします。

そして

【10億円の高額当選】

を狙いましょう!

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

 

実際に、本気で《黄金の絵馬》を書いた方はご利益をいただいています

実際に、吉ゾウくんの教えにしたがって、本気で《黄金の絵馬》を書いた方の中には、

●年末ジャンボ【1億5000万円当選】しました!

●年末ジャンボ【1000万円当選しました】 (М様)

 

●BIG【1等当選】しました!(まりこ様)

このように絶大な御利益をいただいています。

この実績が「真実の教え」であることを証明しています。

■年末ジャンボ宝くじで【10億円当選】を狙う《黄金の絵馬》

奉納金:3,200 円 (税込)

授与品を依頼する

The following two tabs change content below.
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket