不安に襲われた時…今すぐやるべき解消法

不安になったら…紙に「書き出す」

キトロさんもオススメ!吉ゾウくんの授与品

お元氣さまでございます。長福寿寺 第56世住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

時々、漠然とした不安に襲われることがあります。

何が不安なのかもハッキリとせず、どこから手を付けて良いのかわからないこともあります。

さらには、いくつもの不安が次々と頭に浮かんできて、潰されそうになる時もあります。

もちろん人間は生きている限り悩みが必ずついて回ります。

しかし、その悩みから逃げてしまうと、ますます悩みが大きくなり、不安が積み重なっていってしまうものなのです。

…でも漠然とした不安はイヤなものですよね。

そこで…

まず手始めに、

頭に浮かんだことをそのまま書き出してみて下さい。

不安に感じていることはもちろん、不安とは関係ないように思えることでも、ちょっと心に引っかかっていることなどを思いつくままに書き出すのです。

断片的でも構いません。形にとらわれることなく自由に書き出し見てください。

最初は慣れないかもしれませんが、次第に自然にできるようになってきます。

書くだけでスッキリとしてしまうこともありますし、また、書いた後3日間ぐらい放置し、書き出したものを読み返してみると、自分が考えていたことや、何に不安を感じていたのかが見えてくるようになるものです。

…じつは、「不安な自分」に不安がっていることも多いのですが…。

だから、時間を経ることによって自分が不安に感じていたことを少し冷静にみることもできるようになりますし、どうすれば良いのかも冷静に判断できます。

もちろん、すべての不安が解消されるわけではありませんが、8割以上の悩み事はこれで解決できると云われています。

一度実行してみて下さい。

そして、その悩み事に直接向き合うことで、あなた自身が一歩も二歩も成長していくのではないでしょうか。

悩みごとを抱えていると、心が暗くなり、金運まで逃げていきます。

ぜひ

「紙に書き出す」

ことを実践し、御心を晴れ晴れとさせ、金運を招き寄せて下さい。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

[言葉ぐせ・口ぐせについての教え]

●「お金がない人」の言葉クセ(口ぐせ)-まとめ編-

●「金運アップ」への言葉クセ(3大口ぐせ)-まとめ編-

マスコミでも紹介されています

フジテレビ『ウワサのお客様』(2019.11.29)

テレビ朝日 【グッドモーニング】(2019.7.14)

●日本テレビ【月曜から夜ふかし】(2019.7.8)

■女性自身

■ゆほびか

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket