目標を持ち続けることの大切さ -その2-

目標を持ち続けることの大切さ -その2-

吉ゾウくんのご利益お守り

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

今日は、金運アップ&幸運アップを実現させるための

「目標を持ち続けることの大切さ -その2-」

のお話をします。

2人目は、

病気から見事に回復された志鎌さんのお話

です。

長福寿寺のお檀家さんである志鎌さんは、

現在88歳2度のガン手術

により腸を15㎝ほど切り取っています。

おととし、手術後にお見舞いした時は、

「もう長くない」

と泣き言をいうぐらいでした。

でも、志鎌さんは復活したんです。
ゴルフをスコア103で廻れるほどに…


 
実は、志鎌さんはゴルフが大好き

そこで、

必ずゴルフをもう一度やる!! コースに出る!!

という素晴らしい目標を樹(た)てました。

そして実現に向けて

毎日1時間歩き、1時間のマッサージ

をしたそうです。

年輪を重ねた方ならば、おわかりいただけると思うのですが、
手術の後は、筋肉が硬直し、とにかく最初の10歩を踏み出すのが痛くて痛くて仕方がないそうです。

ほとんどの人は、その痛みに耐えられず、歩くことをあきらめてしまい、寝たきりになるのだそうです。

でも、志鎌さんは

今、歩かなければ、動かなければ、一生歩けなくなってしまう。
大好きなゴルフをもう一度やるんだ。

という強い気持ちから、とにかく歩き始めたそうです。
 
最初は痛くて痛くて悲鳴を上げたそうです。
 
そして何度もあきらめそうになったとのことです。
 
でも、

「大好きなゴルフをもう一度やるんだ。」

という目標を胸に抱き、歩き続けた結果…

1年後にはゴルフが出来るようになり、
かつ103というスコアで廻れるまで回復したのです。

まさに、

目標を持ち続けたことによって、見事に病気から回復した素敵なお話ですね。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

【過去のブログ】

■目標を持ち続けることの大切さ -その1-

■目標を持ち続けることの大切さ -その3-

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket