金運をアップさせる[呼吸道]-その3.乱れた時

金運をアップさせる[呼吸道]-その3.乱れた時

340年に1度人生大逆転のチャンス!

お元氣さまでございます。長福寿寺 第56世住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。
今日は、金運をアップさせる[呼吸道]、その3の[乱れた時]についてお伝えします。

これまでに呼吸道のポイント[姿勢][深く吐く]ことについてお伝えしました。
基本はこの2つです。

もちろん、専門的に申し上げれば、もっとあるのですが、あまり多くを伝えても、皆さまが混乱するだけだと思います。
まずは、基本である[姿勢]と[深く吐く]を実行して下さい。
この2つだけならば[駅で電車を待っている時][車を運転している時][トイレの中]など、あらたまった場所でなくても、どこでも実行できます。

ただ、どうしても呼吸が乱れてしまうことがあります。
それが走ったり、動いたりしている時ならば問題はないのですが、先ほどご案内した[駅で電車を待っている時]などに「呼吸道」を実行し、それにもかかわらず乱れてしまう時です。

呼吸が乱れてしまう時は

心が乱れている時
何かを考えてしまう時

が多いと思います。

悩み事、苦しいこと、人間関係、追われている仕事内容…などなど。

こんな時には、「呼吸を数えて」下さい。
専門的には「数息観(すそくかん)」といいます。

自分自身の呼吸を数えます。

吐いて→吸って(1回)、吐いて→吸って(2回)、吐いて→吸って(3回)と、このように呼吸を10まで数えるのです。

10まで数えることができれば、心はだいぶ落ち着いてくるでしょう。

心が落ち着いてくれば、自然と呼吸も深くゆっくりになります。

もし、10まで数えても落ち着かない場合には、もう一度1から数え直して下さい。

このように呼吸を数える(数息観)ことによって、いろいろと雑念が思い浮かぶのを払いのけているのです。
人間ですから、雑念が思い浮かぶのは正常です。
でも、その雑念にとらわれてしまうと…心が乱されるのです。
ですから、「雑念」がおこっても、「呼吸を数える」ことに集中し、雑念を追い払うのです。
声を出す必要はありませんで、どこでもできます。
[駅のホーム」でも、[車の中]でも、[トイレ]でも…。

特に、寝る前5分の[呼吸道]はおすすめです。

健康も病気も夜につくられる

といいます。

ですから、心も身体も健康になりたい人は、夜、寝る前に[呼吸道]を行うと良いでしょう。
この時には、声を出して数えて下さい。
声を出す方が呼吸を数える(数息観)に集中しやすくなります。

その際にも、姿勢を正すことをわすれず、また丹田を意識して、大宇宙と一体になる…こんな感覚で座ってみて下さい。
必ずや、自分自身の能力や根源のエネルギー(波動)を最大限に引き出すことができるようになります。
もちろん、金運パワーも増大し、必ず金運アップにつながります。

[これまでのブログ]
金運をアップさせる[呼吸道]-はじめに-  
金運をアップさせる[呼吸道]-その1.姿勢 
金運をアップさせる[呼吸道]-その2.深く吐く 

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職 今井長秀

_MG_3537

■[ご縁ある方々を明るく元氣にするお寺 長福寿寺のHP]

IMG_8157

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket