今日は、60日に1度の金運アップ吉日 己巳の日(つちのとみのひ)

60日に1度の金運アップ吉日 己巳の日(つちのとみのひ)

吉ゾウくんの大当たり!宝くじ入れ

お元氣さまでございます。長福寿寺 住職の今井長秀(いまい・ちょうしゅう)です。

昨日は新元号が発表されましたね。

令和(れいわ)

とのこと。

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。

との意味だと聞きました。

ぜひ、それぞれの人が自分の長所を発揮させ、お互いを認め合う、素敵な時代になると良いですね。

今日は、60日に1度の金運アップ吉日 己巳の日(つちのとみのひ)

己巳の日(つちのとみのひ)は、60日に1度しか巡ってこない

金運アップ・宝くじ当選・開運アップの吉日

です。

巳(み)とは【白蛇(はくじゃ)】のこと。

この白蛇は、金運アップや開運、幸運を呼ぶとして、とても有名です。

また、七福神のひとり金運・財運の神様と言われている『弁財天(べんざいてん)』の使いともされています。

では何故、白蛇は金運アップや開運に良いのでしょうか?

それは、突然変異で生まれる【白蛇】は、滅多に見られなくて珍しいというのもありますが、蛇というのは生涯にわたり何回も脱皮しながら成長していく生き物です。

それを、成長・再生の象徴として

尽きることのない豊かさや、金運上昇、開運を生み出す

と考えられたのです。

特に、60日に1度しか巡ってこない己巳(つちのとみ)の日は、

昇り龍の如く、

金運・財運をグングンと増大させる大吉日

なのです。

ぜひ、積極的に金運をつかんで下さい。

「必ず金運をアップさせる!」…と誓う

今日は童話の神様・アンデルセンの誕生日です。

アンデルセンといえば、

「マッチ売りの少女」
「人魚姫」

などの名作で世界中の子供たちを魅了した童話作家です。

そのアンデルセンの言葉に

「人はどんな高いところでも登ることができる。しかし、それには決意と自信がなければならない。」

とあります。

金運だって同じです。

18日に出版させる私の本

日本一宝くじが当たる寺 『金運を爆上げする12の習慣』

にも書いているのですが、

お金は「お金が大好き!」な人の元に集まってくる

そして、

「私も必ずお金持ちになれる!」と、

強く、強く信じて、行動する人に

金運の神様(吉ゾウくん)は味方して下さるのです。

ぜひ、今日は

「お金大好き!」
「必ずお金持ちになる!」

と強く、強く誓う1日にしましょう。

桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世 住職 今井長秀

 

The following two tabs change content below.
今井長秀
お元氣さまでございます。長福寿寺は「ご縁ある方々を明るく元氣にする仏教のテーマパーク」を目指して日々精進しております。特に長福寿寺のシンボルである「吉ゾウくん」は、金運アップ・金運増大のご利益が絶大と有名で、日本有数のお金持ちである斉藤一人さんも、吉ゾウくんのご利益に太鼓判を押して下さっております。 このブログでは、仏教2500年の智恵・吉ゾウくん伝説から導き出された【金運アップの金言】を余すところなく伝授し、皆さまを「お金持ち・幸せ者」へと導きます。しっかりと学んで下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket