お金が貯まらない方へ|お金が貯まらない人の特徴と金運を上げる方法

こんにちは。長福寿寺女将・心とからだのマスターセラピスト今井紫満です。

置くだけで金運アップ

四柱推命で皆さまの金運をアップさせるお手伝いをいたします。

四柱推命ってなに?金運アップ・宝くじ当選を手助けする運勢鑑定

本日はお金が貯まらないと悩んでいる、金運が上がった気がない方へ、自信をもって金運をあげる方法をご案内いたします。

お金が貯まらない…金運が下がってしまう行動をしていませんか?

募金やお金を使う1/3ルール(住職の1/3ルールのブログはこちら)を守ってるのに、お金が貯まってこないなーと心の中で暗雲が立ち込めていませんか?

そんな時は、ちょっと立ち止まってみてくださいね。そして以下のことに心当たりはないでしょうか?

お金が貯まらないと思っている人の特徴

お金が貯まらない人の特徴を紹介します。

当てはまる場合は、お金が貯まるように行動を変えていきましょう。

①以前に比べたら、お金は貯まってきているのに「まだまだ!!」と自分を追い込む。
高い目標に向かって自分を無理に追い込んでいませんか?
そんな時は大きな金額設定を一旦はずして、目標達成できるような低い金額から始めましょう。

それも1週間単位や1か月単位で設定をしていくと、「目標達成できた!!」という意識が記憶に残り、少しずつ設定金額を上げていっても目標達成に向けて自分で考え行動できるようになってきます。

②少しお金が貯まってもすぐに使ってしまう。
何のためにお金を貯めようと思ったのか、今一度見直してみましょう
または、「月々●●円を自動引き落としの積立貯金にする」というのもいいと思います。
何年間は解約できないことにしておけば、気が付いたときはたくさんのお金が貯まっていることでしょう。

金運が下がってしまう行動

お金を貯めたい・金運を上げたいと考えている方は、以下のような行動をしていないか確認してみてください。

①「自分さえ良ければ」

宝くじで100万円当たって、全部自分のものにしていませんか?「内緒にしとけばバレないよね」なんて思ってる人は金運がダダ下がりです。

お金を1/3ルールで使う、もしくは寄付や募金をしていきましょう。

②いつも下を向いている

地面ばっかり見ていたら人の動き、世の中の動きがわかりませんね。人は顔を上げ口角を上げているだけで「幸せホルモン」が出てくると言われています。幸せホルモンをどんどん出して、運気も味方につけましょう。

③人の成功を喜ばない

例えば同じ部署の隣の人が素晴らしい成績をあげた時、あなたは「おめでとう」が言えますか?「ふん!そんなぐらいでいい気になってんじゃないよ」なんて思っていませんか?

これもダメです。人の成功を自分ごとのように喜べる人、そんな人がお金さんにも人様にも好かれます。

自分にあった金運の上げ方を知ること

四柱推命では、いつどんな行動をすれば金運があがっていくのかを知ることができます。

どんなに頑張っても「暖簾に腕押し」の年もあるのです。自分の周期・リズムを知ればお金も必然と貯まってくることでしょう。

おわりに

一番大切なのは自信をもつこと。

どんなにお金が貯まる行動をしても結局は「自分に自信を持つこと」これが1番重要になります。

少しずつ小さな目標を立て、それを達成することで自信がついてきます。そして、それは達成率60%で十分です。100%完璧!!なんて実際は無理な話です。60%ではどうしても気になる場合は残りの40%を次回の設定に組み込みましょう。すると2日に分けますが100%の達成になりますね。

「完璧でなければ認めてもらえない」なんて想いはもういりません。失敗してもそこから学んで次につなげていけばいいだけですよ。

 

どのように行動したらよいのか分からない・相談したい方は四柱推命で占うことが可能です。

●四柱推命のお申込みは、長福寿寺ホームページより。

お申し込みはこちらから

できるだけわかりやすく解説し、運気アップのお手伝いをいたしますのでお気軽にお申込みください。

また、

  • 自分の得意なことが分かった
  • これからどのように行動すればいいかが分かった

などのお言葉をいただいております。

よろしければ四柱推命にお申込みください

 

The following two tabs change content below.
今井紫満
長福寿寺女将/ 心とからだのマスターセラピスト/ 四柱推命鑑定師/現在は「自分に自信がない」「お金が貯まらない」とお悩みの方へ心とからだのマスターセラピスト/四柱推命鑑定師として活動しています。 人の悩みや課題に対して、求められたら応え一歩が出るようそっと背中を押し、人から金運から好かれるよう導きます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket